You are currently browsing the tag archive for the ‘Folk’ tag.

Before This World / James Taylor (Concord)

シンガー・ソングライターというと素朴に、ナイーヴに、非商業的に、私的な体験をナチュラルなアコースティック・ギターに乗せて歌う、みたいなイメージがあるけど。当然ながら、それが聞き手という他者との関係の中で一定以上の力を持つためには、底辺にプロの表現としての完成度を備えていなければならないわけで。

だから空前のシンガー・ソングライター・ブームが巻き起こった70年代初頭、次々とシーンに登場してきたシンガー・ソングライター群はあっという間に淘汰された。私的告白もすぐに種が尽き、多くが袋小路へと迷いこんだ。生き残れたのは、プロとしての豊かな表現力と音楽性を有する一握りの者たちだけ。ジョニ・ミッチェル、ポール・サイモン、ニール・ヤング、ジャクソン・ブラウン、キャロル・キング…。

そしてこの人、われらがJT、ジェームス・テイラーだ。紡ぎ上げた歌詞を愛でるように歌い綴りながら、語り手の私的な物語を聞き手それぞれの物語へと生まれ変わらせてしまうストーリーテラーとしての力量も、洗練されたテンション・コードも軽々弾きこなしつつ、生ギター1本でジャズの洗練や、ラテンの躍動や、クラシックの荘厳さや、R&Bのファンキーさまで表現してしまう演奏技術もずば抜けている。ソングライターとしてだけでなく、ミュージシャンとして、あるいはシンガー、ストーリーテラーとしての力が並じゃない、と。だからこそブームが過ぎ去ったあとも、JTは現在までえんえん根強く支持され続けてきたわけだけれど。

新作、出ました。このところ、カヴァー集とかクリスマスものとかライヴとかばっかりで、書き下ろし中心のアルバムとしては02年の『オクトーバー・ロード』以来13年ぶり。とはいえ、卓抜した生ギター演奏を中心に据えた繊細な音像のもと、独特の穏やかな歌声で、どこか屈折した私的物語を淡々とつづる姿勢は往年と何ひとつ変わらない。ただ、どの曲にも67歳を迎えた者ならではの年輪が加わり、より豊かな表現を楽しめるのがポイントだなぁ。

73年の初来日のとき、どうやってギターを弾いているのかわからない部分を解明したくって、6本線を引いたスケッチブックと双眼鏡を抱えて、連日、コンサートに通いつめた高校生時代の気分を鮮烈に思い出させてくれると同時に、還暦も目前の今の自分の心持ちみたいなものにもリアルに響く1枚。たまらないです。うれしくて、アナログ盤も、ハイレゾも、全部買っちゃいました。ああ…。

広告

milkcartonkids

ノージからその存在を教えてもらって以来、もうギターはうまいし、いい曲書くし、歌詞も内省的で深いし、ハーモニーもごきげんだし、知的でとぼけたMCも面白いし、問答無用でハマってしまったミルク・カートン・キッズ。これがたぶん4作目の新作アルバムです。

ロサンゼルス北東部にあるイーグル・ロック出身のシンガー/ソングライター/ギタリストふたり、ケネス・パッテンゲールとジョーイ・ライアン。それぞれソロで活動してきたものの、なかなか芽が出ず、2011年からは組んで活動中だ。でも、組んだのは大正解。サイモン&ガーファンクルなど、往年のフォーク・デュオをほうふつさせる瑞々しい音楽性にしびれます。

今回もこれまで同様、ふたり以外、誰もいない一発録りアルバム。悪かろうはずもなく…。

Gill Landry

オールド・クロウ・メディシン・ショーでギターやドブロを担当しているギル・ランドリー。4年ぶり、3作目のソロ・アルバムが出ました。3作目にして初めて自分の名前をアルバム・タイトルに冠しただけあって、どこか作り物っぽいノスタルジア風味も感じられなくはなかったこれまでの2作よりぐっとリアルな仕上がりだ。

ほとんどを彼のナッシュヴィルのおうちで録音。歌詞は相変わらず古いモノクロ写真に出てくる南部っぽいイメージをまぶした、情感溢れる、しかしどこか厭世的なものなのだけれど、サウンドのほうにはこれまで以上に開かれた感触がある。曲によって仲良し後輩バンド、マムフォード&サンズ人脈のニック・エトウェルがトランペットで参加していたり、ローラ・マーリングがデュエットを聞かせていたり、英国系のゲストが目立つところもこの人らしいか。

Troubadours: Folk And The Roots Of American Music

CSNの来日初日、3人の素晴らしいソングライターそれぞれの底力を堪能したうえに、彼らがボブ・ディランの「北国の少女」をハモるのをついに生で体験して、ジャクソン・ブラウンの飛び入りも楽しんで…。と、そんなごきげんな夜を過ごしたからかもしれないけれど。去年の夏ごろ、独ベア・ファミリーから出たフォークもののコンピ、そういえば入手してなかったなぁ、と思い出し、勢いにまかせてゲットしました。

パート1からパート4まで、各CD3枚組×4の計12枚。カーター・ファミリー、レッドベリー、ウディ・ガスリーに始まり、ピート・シーガー、ウィーヴァーズ、シスコ・ヒューストン、ポール・クレイトン、イージー・ライダーズ、タリアーズ、キングストン・トリオ、ジャーニーメン、ライムライターズ、チャド・ミッチェル・トリオ、ハイウェイメン、ルーフトップ・シンガーズ、ボブ・ディラン、フィル・オクス、トム・パクストン、エリック・アンダースン、デイヴ・ヴァン・ロンク、ジュディ・コリンズ、ピーター・ラファージ、グリーンブライアー・ボーイズ、ティム・ハーディン、フレッド・ニール、ジョーン・バエズ、バフィ・セント・メリー、トム・ラッシュ、エリック・フォン・シュミット、ジム・クエスキン・ジャグ・バンド、ジャック・エリオット、ラヴィン・スプーンフル、ジョナサン・エドワーズ、ジム・クロウチ、デヴィッド・ブロムバーグ、メラニー、ハリー・チェイピン、ロッド・マッケン、ティム・バックリー、ジーン・クラーク、ジョン・スチュワート、ハリー・ニルソン、マイク・ネスミス、ジョン・デンヴァー、ジョン・ハートフォード、ミッキー・ニューベリー、スティーヴ・ヤング、タウンズ・ヴァン・ザント、ジェシ・ウィンチェスター、クリス・クリストオファソン、ホイト・アクストン、シェル・シルヴァースタイン、ジョン・プライン、スティーヴ・グッドマン、イアン&シルヴィア、ゴードン・ライトフット、ジョニ・ミッチェルなどなど。その他にもけっこう細かいところまで分け入りつつ、1920〜70年代、半世紀に及ぶ様々な時代の様々な“吟遊詩人”たちの歴史を濃密に掘り下げている。

ソニー、ワーナー、ユニバーサルといったメジャー・レーベルはもちろん、米フォークウェイズや英エース、さらにはアーティスト本人からのライセンスまでゲットしながらの選曲に感服するばかり。ベア・ファミリーで働きたいなぁ…。




Then Came the Morning / The Lone Bellow

ブルックリンのカントリー・ロック・トリオ、待ってましたのセカンド・アルバムだ。2013年に出たデビュー作のフレッシュさも忘れられないけれど、今回は3人のメンバーそれぞれ確実に成長した感触が随所に刻み込まれた、ちょっとうれしくなる仕上がり。

ギター、マンドリン、フィドル、ウッド・ベースといったアコースティック弦楽器の響きを核に据えた音作りは変わらず。古き良きカントリー・ロック風味はもちろん、デラニー&ボニーにも通じるゴスペル/ソウル感覚とか、ウィルベリーズっぽいロカビリー感覚とか、ちょっと60年代後半っぽいサイケなムードとか、曲によってあれこれ多彩な要素が交錯して。今回もなかなか魅力的だ。プロデュースはザ・ナショナルのアーロン・デスナー。

shadows

きわめて私的な話ではありますが。小学生のころ、当時ヒットしていた「夜のストレンジャー」をラジオで聞いたのがぼくのフランク・シナトラ初体験だったような…。もちろん、当時は特に深くハマるようなこともなかったわけだけれど。高校生になって、73年、リリースされたハリー・ニルソンのアルバム『夜のシュミルソン』を聞いて、がぜんシナトラのことが気になり始めた。同じような体験をなさった同世代の方も少なくないと思う。

『夜のシュミルソン』は、名匠ゴードン・ジェンキンズが編曲/指揮するゴージャスなストリングス・オーケストラをバックに、ニルソンが往年の名スタンダードを、なんとも渋いしゃがれ声で淡々と歌い綴った1枚で。そこに収められた数々の名曲そのものの魅力にはもちろん、ジェンキンス指揮のオーケストラのふくよかな響きにやられた。ハマった。受験勉強しながら、えんえんこのアルバムを聞いていたものだ。懐かしい。そして、このサウンド・スタイルがかつてのフランク・シナトラのそれに倣ったものだということを知って、以降、ちょっとずつシナトラ自身のアルバムにも接するようになった。

まあ、だからといって、いきなりシナトラという雄大なシンガーの良さがちゃんと理解できたわけではなかったのだけれど。それなりにわかったような気になりながら、しつこく聞き続けるうちにだんだん、彼のとてつもない歌心と表現力のとりこになっていった。やがて30歳を超えたころになると、もうずぶずぶ。音源コンプリートを目指して飽くなきレコード・ハンティングにいそしむようになっていた。

一方、ぼくは中学時代からボブ・ディランも大好きで。こちらも当時、音源コンプリートを目指して勇躍レコ狩り中。といっても、この両者に何らかの共通項を感じていたわけではなく。それぞれ別々のものとして追い続けていた。

ところが、ある時期、いつごろかな、映画『ナチュラル・ボーン・キラーズ』のサントラで聞いたディランの「ユー・ビロング・トゥ・ミー」のカヴァーに出くわしたころだろうか。なんか、両者には不思議な共通点があるような気がしてきて。特に21世紀に入ってからは、「ムーンライト」とか「ホエン・ザ・ディール・ゴーズ・ダウン」みたいな、ロックンロール以前の音楽に通じる魅力をたたえたオリジナル曲を作ってみたり、ディーン・マーティンの「リターン・トゥ・ミー」のカヴァーをしてみたり、例のクリスマス・アルバムをリリースしてみたり、ディランもかなり意識的にそっち方面に歩み寄ってきたような感触があった。

ディラン自身がDJをつとめた『シーム・タイム・レディオ・アワー』での選曲ぶりなども含め、この時期からのディランは、ポピュラー音楽の源泉はブルースとかカントリーとかゴスペルとか、そういうアーシーな方向にのみあるのではなく、より洗練された、ハリウッド的、ティン・パン・アリー的なところにもあるのだ、と。そんなことを主張してくれているように見えた。かつて「ボブ・ディランのブルース」のイントロで、“最近のフォーク・ソングはティン・パン・アリーと呼ばれるニューヨークのアップタウン地区で作られている。でもこの曲は違う。アメリカのどこか、もっと南のほうで作られたものだ…”と威勢のいい語りを聞かせていたディランではあるが、時の流れが彼の受容感覚を大きく広げたのかも。

だから、きっといつか来るだろうとは思っていた。そして、ついに来ました。ディランのシナトラ持ち歌カヴァー集。ぼくにしてみれば夢の合体劇だ。やー、たまらない。超有名曲と渋めの曲とが混在する選曲も見事。ドニー・ヘロンのペダル・スティールを中心に据えて、往年のウェスタン・スウィング系バンドによるジャジーなバラード演奏を思わせるサウンドで全編を貫いているのもごきげん。

そして、何よりもディランの歌だ。シナトラにも負けない、言葉をひとつひとつ的確に聞き手の心まで届けるようなストーリーテラーぶりにしびれる。個人的にはサイ・コールマン作の「ホワイ・トライ・トゥ・チェンジ・ミー・ナウ」が最高にお気に入り。去年のツアーでも歌われたという「ステイ・ウィズ・ミー」もかなりすごい。“もう凍えそうだ。疲れ果ててしまった。自分が罪人だと知りながら、隠れ家を探し続け、風に打たれて泣いている…”と歌われるところなど、シナトラの堂々たる歌唱と対照的な、もうほんとに死んじゃうんじゃないの、と思わせる切実さに貫かれていて。やばい。

結局、優れた歌手も、優れたシンガー・ソングライターも、まず優れたストーリーテラーでなければならない、と。そんな事実を思い知らせてくれる重要な1枚だ。クセになります。


【追記】2015.02.04

そういえば、去年の夏、こういうのも出しました。新作に至るまでのディランの歩みをチェックしてみたい方、ぜひ。

TOP_DylansSongs

ボブ・ディランは何を歌ってきたのか(ele-king books)

What a Terrible World, What a Beautiful World / The Decemberists

この人たちの6作目のアルバム『ザ・キング・イズ・デッド』がいきなり全米1位にランクしたときはびっくりしたものだ。

オレゴン州ポートランドの牧歌的なカントリー・ロック/フォーク・ロック系インディー・バンド…というか、まあ、ぼくが彼らの音に初めて接したのは大手キャピトルに移籍後だったので、彼らはすでにインディー・バンドではなかったのだけれど。でも、やはりインディー・バンドというイメージがぴったりくるみずみずしさみたいなものがあって。それがヒットチャートという価値観とはなんとなく相容れないような、そうしたイメージを勝手に抱いていたものだから。まじ、びっくりしました。

あれが2011年の1月か2月。そこからまるまる4年のブランクを経て待望の新作が届けられた。初期作品群を思わせるシンプルな方向性と、キャリアを重ねるなかで培われたよりシアトリカルな展開とが混在する仕上がり。中心メンバー、コリン・メロイの、少し難解で、とびきり叙情的な歌詞作りも相変わらずで。年輪を重ねたなりのみずみずしさがどの曲にも刻み込まれている感じ。

すでにリード・トラックとしてキャッチーな「ザ・ロング・イヤー」と「メイク・ユー・ベター」が YouTube などで公開されているけれど、ぼくは「レイク・ソング」って曲が特に気に入りました。17歳だったころの、成就しようもなかった青い恋に思いを馳せる、なんとも淡く、でも少しねじれた曲で。冬の青空のもと、なんだかしみます。

なんだか気になるこのシンガー・ソングライター。アメリカーナ期待の新星って感じなのかなとは思うのだけれど。オフィシャルサイトはまだ工事中みたいだし。マイスペース見ても、なんだかウソばっかり書いてある感じだし。どうやらサンディエゴ周辺で超ローカルな人気を博している人らしく。それ以外、今のところどんな人なのか、あまり詳しいことはわからない。

カリフォルニア州フォンタナ生まれ。16歳でサンディエゴに移って、曲作りとかを始めたらしい。なんでも、トム・ウェイツがドアマンをしていたことでも知られるヘリテイジ・コーヒー・ハウスの深夜の部によく出演していたそうで。そのころ、トム・ウェイツが聞かせてくれたランブリン・ジャック・エリオットのレコードで人生が変わったというのだけれど。トム・ウェイツがドアマンしていたのって65年くらいだろ。パフォーマーとしてよく出演していたのも70年代前半だから、けっこうトシは行ってるのかな。年齢は50歳代半ばか…。新星とか書いたけど、ベテラン・ローカル・スターの遅すぎるアルバム・デビューって感じかも。

で、ジャケットの感じとかがやけに気になったこともあってアルバムを探してみた。フィジカル盤が見つからなかったので、ぼくはeMusicでダウンロード購入しました。いい感じ。特にアルバムの2曲目。「セイント・フランシス・ザ・ホーボー」って曲を聞いて、ぐっときてしまった。

いわゆるトレイン・ソングというか、レイルロード・ソングというか、そういう伝統にのっとった曲で。聖フランシスを名乗る老ホーボーとともに放浪する若者がいろいろな話を聞かされたり、老ホーボーの生き様を眺めたりする内容。アコースティック・ギター、ウッド・ベース、ドラム、アコーディオンによるシンプルながら存在感あふれる演奏をバックに、“誰かゴスペル・トレイン=福音の列車を呼んでくれよ。もうあまり時間が残されていないホーボーがここにいるんだ。そんな列車、ずいぶん長いことこの辺で見かけたことがないけれど…”とか淡々と歌われちゃうと…。いや、もっとよく聞き込まないと正確な歌詞はわからないものの。とりあえず今のところそう歌ってるようにぼくには聞こえて。泣ける。こういうタイプの昔ながらの音楽をあえて選び取り、その伝統を地道に受け継いできた者なりの真摯な思いのようなものが託されている気がして、やけに胸にくる。

この曲が好きになったもんで、他の曲もみんなよく聞こえちゃって(笑)。歌はあまりうまくないけれど、表現力はありそう。30年以上前、ガイ・クラークのアルバムに始めて出くわしたときみたいな、荒涼たる風景と切ない心象とが交錯する感触がよみがえってきたりも。クリス・ゴールドスミスがプロデュース。リリ・ヘイデンやヴィクトリア・ウィリアムスもバックに参加してます。

日本のiTunesからも買えるみたい。これです。興味のある方はお試しを。

What’s New?

CRT & レココレ Present
Vol.196

秋だ! ELOだ! ボジョレーだ!〜ジェフ・リン解禁!

ブライアン・アダムス7年ぶりの新作をプロデュースしたかと思ったら、なんと15年ぶりに全曲新曲によるELOの新作まで登場! 秋の深まりとともに一気にジェフ・リンの動きが活発に。山が動いたとなれば、CRTも黙っちゃいられません。3年ぶりのジェフ・リンまつりを大開催! アイドル・レースからムーヴ、ELO、ウィルベリーズまで総まくりでお届けします。今年のジェフ・リンの味わいは豊潤で爽やか。飲んで、食べて、爆音・爆画面でマジカルなジェフ・リン・ワールドを堪能しましょう。解禁間もないボジョレーヌーボー、ご用意してお待ちしております。

2015年11月23日(祝) at 東京・新宿ネイキッドロフト
OPEN 17:30 START 18:30
※通常よりも1時間早いスタートです。ご注意ください。
出演: 萩原健太(音楽評論家)、祢屋康(レコード・コレクターズ編集部)、能地祐子(音楽評論家)
料金: 1600円(+1drinkから)
※ご予約・お問い合わせはネイキッドロフト店頭電話 & webにて。
【電話】03-3205-1556 (16:30〜24:00)
【web】 http://www.loft-prj.co.jp/naked/reservation/
※ご入場は当日の先着順になります。

★最新情報はCRTのtwitterfacebookで!



Nothing But Pop!
Disc Store

Kenta's...Nothing But Pop! で紹介したCDを一覧できるインスタントストアはこちら



Nothing But Pop!
on Live 365

Live365でネットラジオ試験運用中です。50年代後半〜60年代前半からセレクトした480曲以上のガール・グループ、ドゥーワップ、ティーン・アイドル、ダンスR&Bプログラムです。(2005.10.9更新)
listen!

Support this station and listen ad-free with Live365 Preferred Membership!

Daddy & The Surfbeats
萩原健太が在籍するサーフ・ロックンロール・バンド、ダディ&ザ・サーフビーツの最新ライヴ情報です。
(未定。決まり次第、お知らせします)
Kenta's Programs
萩原健太が出演/選曲する番組のご案内です。

萩原健太のMusic SMiLE(JRN系列各局 月〜金)
くにまるジャパン(文化放送)(*毎週水曜日の正午過ぎから始まる『洋楽ジャパンX』のコーナーに月一度のペースで出演しています)
2005年3月までぼくが月曜日のDJを担当していたミュージック・プラザ第2部ポップス/オールディーズ(NHK-FM)の超常連リスナー、滋賀県の野出康博くんによる番組の私設応援サイト "Radio Sweetheart" はこちらです。スタート以来、終了までの番組の歴史を、ぼく本人も忘れてしまっているようなところまできっちり記録してくれています。野出くん、ありがとう。



kenta45rpm@twitter

  • RT @CRT_info: この200何十回、台風直撃とか大雪の予報はほとんどギリギリセーフで外れてる気がするCRT。今回も、暴風雨が過ぎて気持ちいい陽気での開催になりそうです。世の中色々ありますが、こんな時こそSMiLE!多数のご来場お待ちしてます。当日券の有無はお店までお気… 1 hour ago
  • RT @CRT_info: 追伸。本日は萩原健太の新刊SMiLE本の即売がございますが、すでにお買い求めの方もよろしければサインさせていただきますので忘れず本をお持ちくださいね!よろしくお願いします。(GM) 1 hour ago
  • なのでラクーアまで歩いてきてみた。スタバでも行って一休みしよ。 instagram.com/p/BalGxwAjz5G/ 5 hours ago
  • うほほーい! 久々の散歩日和! instagram.com/p/BalFxvCDa9k/ 5 hours ago
  • RT @nothingbutpop: Brian Wilson / Rainbow Eyes (2004) youtu.be/AvmfZr0ZqHU Follow Kenta's @NothingButPop on twitter! 10 hours ago

Archive

旧版ブログはこちら、旧版ホームページは こちら からそれぞれ参照できます。

This Site

Kenta's
Nothing But Pop!

©Kenta Hagiwara