No Pier Pressure / Brian Wilson

ブライアンが新作のレコーディングにとりかかったというニュースが彼のサイトに載ったのはもう2年前。2013年の6月のことだ。その段階では、なにやらジェフ・ベックとの共演アルバムになるとか、2012年にリリースされたビーチ・ボーイズの50周年記念再結集盤の続編的組曲になるとか、いろいろ噂されたけれど。

結局、この形になりました。ロサンゼルス・ポップ・バンドの後輩キャピタル・シティーズのセブ・シモニアン、ファン.のネイト・ルイス、ポップ・カントリー系のケイシー・マスグレイヴズ、ズーシー・デシャネルとM.ウォードによるシー&ヒム、多重録音アカペラの第一人者ピーター・ホーレンズなど、若い世代のゲストを迎えつつのポップな1枚。もちろんビーチ・ボーイズ仲間、アル・ジャーディンやブロンディ・チャップリンも何曲かでリード・ヴォーカルを分け合っている。

まあ、詳しくは4月20日のCRTブライアンまつりであれこれ盛り上がりたいと思ってますが。ざっくり言うと、若いゲストを迎えた曲よりも、やっぱりアルとヴォーカルを分け合う曲のほうが仕上がりがいいというか、落ち着くというか。泣けます。ゲストものではシー&ヒムとピーター・ホーレンズとの共演曲が個人的にはお気に入り。もちろん、どの曲も、さすがブライアンと言うべき素晴らしい仕上がりで。唯一無比のコードワークやコーラスワークはもちろん、年輪を重ね、ぐっと枯れた歌声も胸を打つ。随所に『ペット・サウンズ』期を想起させるアレンジが顔を見せるのも涙腺を刺激する。

このアルバム、海外では13曲入りの通常盤と16曲入りのデラックス・エディションがあって。国内盤はそのデラックス・エディションにさらに2曲ボーナスを追加したものになっている。ライナーはぼくが書かせていただきました。

けど、実はライナーを書く段階では海外の通常盤、つまり13曲入りの音源までしか聞くことができなかったもんで。ライナーでは触れていないのだけれど。デラックス・エディションおよび国内盤に入っている「サムホエア・クワイエット」って曲。これ、65年にブライアンが名うてのセッション・ミュージシャンを集めて録音した名インスト曲「サマー・ミーンズ・ニュー・ラヴ」に歌詞をつけたものでした。愛奴もびっくりっすね。

やっぱブライアンはいいなぁ…。

広告

A Fool To Care / Boz Scaggs

そういえば、この盤、紹介し忘れてました。といっても、別にぼくが紹介するまでもない1枚ではありますが。ボズ・スキャッグスの新作。2013年リリースの『メンフィス』に続き、今度はナッシュヴィルのスタジオへと出向いて、往年のニューオーリンズR&Bやシカゴ・ソウル、フィラデルフィア・ソウルなどの名曲を自然体でカヴァーしまくっております。

リル・ミレット&ザ・クレオールズの「リッチ・ウーマン」、ジョー・バリーのルイジアナ風味満点のカヴァー盤を下敷きにした「アイム・ア・フール・トゥ・ケア」、ヒューイ“ピアノ”スミスによるごきげんなニューオーリンズ・ロックンロール「ハイ・ブラッド・プレッシャー」あたりを核に、インプレッションズの「アイム・ソー・プラウド」、アル・グリーンの「フル・オヴ・ファイア」、スピナーズの「ラヴ・ドント・ラヴ・ノーバディ」などをちりばめて。さらにボビー・チャールズの「スモール・タウン・トーク」やザ・バンドの「ウィスパリング・パインズ」(ルシンダ・ウィリアムスとのデュエット)、そして英シンガー・ソングライター、リチャード・ハウリーの「ゼアズ・ア・ストーム・ア・カミン」など。これらがカヴァーもの。

そこにボニー・レイットが渋いスライド・ギターとヴォーカルで参戦した泥臭いロックンロール「ヘル・トゥ・ペイ」をはじめ、ラテン的な哀愁をたたえた「ラスト・タンゴ・オン16thストリート」「アイ・ウォント・トゥ・シー・ユー」というオリジナル曲が交ざる。

前作に引き続きプロデュースも手がけたスティーヴ・ジョーダン(ドラム)をはじめ、ウィリー・ウィークス(ベース)、レイ・パーカーJr.(ギター)、ジム・コックス(キーボード)ら腕利きバンドがほぼ原曲の味を壊さずに展開する演奏に乗せて、まさに年の功としか言いようのないリラックスした歌声を披露するボズ。アル・アンダーソン、レジー・ヤングなど曲によっての参加メンバーも興味深い。とにかく、力の抜け具合がとてつもなくて。これをもって、ボズはもうダメになったとか浅い辛口批評も湧いてきそうではあるけれど。これ、昨日今日の若造には絶対に真似できないワザだから。それだけでかっこいいです。来日公演も楽しみだ。チケット買ったぜ!

ちなみに、ぼくは3月末からJRN系ネットワークで『萩原健太のMusic SMiLE』って10分弱の番組を担当していて。月〜金、毎日1〜2曲ずつ紹介してます。といっても流してくれている地域も時間もまちまちで。聞ける局と聞けない局とがあるのだけれど。聞ける地域の方、ぜひお試しください。今週はずっとこのボズの新作の特集です。お金かかっちゃいますが、radikoプレミアムとか入ってらっしゃる方なら、探せば(笑)どこかの局が流してくれているはずですので。ひとつ、よろしく。

aatw_stilltheking

超超大好きなアスリープ・アット・ザ・ホイールの新作は、1993年、1999年に続く、3作目のボブ・ウィルズへのトリビュート盤。いつも通り、曲ごとに豪華なゲストを迎えての1枚です。

といっても、この人たちの場合、73年のデビュー盤からずっとウェスタン・スウィングの偉大な先達、ボブ・ウィルズ&ザ・テキサス・プレイボーイズへのトリビュートみたいなものだったし。近作、2010年の『イッツ・ア・グッド・デイ』にしてもテキサス・プレイボーイズでリード・ヴォーカルをつとめたことがあるリオン・ラウシュを共演パートナーに迎えたものだったし。そういう意味では、まあ、いつも通りのアスリープ・アット・ザ・ホイールってことすね。

マール・ハガード、ジョージ・ストレイト、ライル・ラヴェットといった古くからのカントリー仲間と、エイヴェット・ブラザーズ、オールド・クロウ・メディシン・ショー、キャット・エドモンソンといった若い世代とをバランスよく迎えた仕上がり。にもかかわらず、通して聞くとやっぱり主役はわれらがレイ・ベンソン率いるアスリープ・アット・ザ・ホイール…って感触なのがうれしい。

Gill Landry

オールド・クロウ・メディシン・ショーでギターやドブロを担当しているギル・ランドリー。4年ぶり、3作目のソロ・アルバムが出ました。3作目にして初めて自分の名前をアルバム・タイトルに冠しただけあって、どこか作り物っぽいノスタルジア風味も感じられなくはなかったこれまでの2作よりぐっとリアルな仕上がりだ。

ほとんどを彼のナッシュヴィルのおうちで録音。歌詞は相変わらず古いモノクロ写真に出てくる南部っぽいイメージをまぶした、情感溢れる、しかしどこか厭世的なものなのだけれど、サウンドのほうにはこれまで以上に開かれた感触がある。曲によって仲良し後輩バンド、マムフォード&サンズ人脈のニック・エトウェルがトランペットで参加していたり、ローラ・マーリングがデュエットを聞かせていたり、英国系のゲストが目立つところもこの人らしいか。

Jungle River Adventure / Paul Williams

え? JB? ジャクソン・ブラウン? とか。JT? たばこの? とか。そこからかよ…って経験はよくあるわけですが(笑)。あ、あと、エルヴィスの話をしていて、エルヴィスって、どっちの? って言われたこともあるな。エルヴィスはエルヴィスだろ。どっちのも何もねーよ。ひとりしかいねーよ。コステロはコステロだよ、とか心の中で毒づいたり。いやー、名前ってのはむずかしいものですが。

ブライアン・ウィルソンもね。近ごろはおひげでおなじみの野球選手がいたりするから、使う局面を間違うとめんどくさい。

中でも最高にややこしいのがポール・ウィリアムスだ。まあ、われわれの仲間うちでは当然、「オールド・ファッションド・ラヴ・ソング」とか名曲をたくさん生み出したシンガー・ソングライターのポール・ウィリアムスがいちばんおなじみなわけだけれど。テンプテーションズの一員だったポール・ウィリアムスもいるし、『クロウダディ』誌を創刊した音楽評論家のポール・ウィリアムスもいる。他にもSF作家、映画監督、陸上選手、サッカー選手など、様々な分野にたくさんのポール・ウィリアムスがいる。まあ、普通の名前なんだろうけど。ここまで同姓同名が多いと、いちいち肩書きつけなくちゃならなかったりもして、けっこうめんどくさいものだ。

そんなポール・ウィリアムス界をより一層ややこしくするかのように現れた、さらなるポール・ウィリアムス。ニュージーランドを本拠に活躍しているシンガー・ソングライターさん。宅録っぽいシンセ・サウンドでポップな曲を送り出し続けている。ぼくが初めてこの人を知ったのは2012年。『ライミン&ガーファンクル』って、くっだらない駄洒落タイトルを冠したミニ・アルバムをバンドキャンプで見つけて、あまりのアホらしさに入手してみたのがきっかけだった。以来、なんだか気になって、新作が出るたびに追いかけてきたのだけれど。

そんなポール・ウィリアムスくんの4作目にあたる新作ミニ・アルバムが出た。デビュー当初はラップもふんだんに盛り込んだ、わりとヒップホップ色濃い音作りの楽曲が中心だったのだけれど、作品を重ねるごとにその辺の味が薄れてきて、オールディーズっぽい甘酸っぱさをたたえたポップ・ソウル・チューンのほうが前面に押し立てられるようになってきた。今回はアルバム全編にわたってそっち方面の味を全開にした仕上がり。個人的にはこれまででいちばん好きかも。

名前、変えてくんないかなぁ…。無理か…。

Troubadours: Folk And The Roots Of American Music

CSNの来日初日、3人の素晴らしいソングライターそれぞれの底力を堪能したうえに、彼らがボブ・ディランの「北国の少女」をハモるのをついに生で体験して、ジャクソン・ブラウンの飛び入りも楽しんで…。と、そんなごきげんな夜を過ごしたからかもしれないけれど。去年の夏ごろ、独ベア・ファミリーから出たフォークもののコンピ、そういえば入手してなかったなぁ、と思い出し、勢いにまかせてゲットしました。

パート1からパート4まで、各CD3枚組×4の計12枚。カーター・ファミリー、レッドベリー、ウディ・ガスリーに始まり、ピート・シーガー、ウィーヴァーズ、シスコ・ヒューストン、ポール・クレイトン、イージー・ライダーズ、タリアーズ、キングストン・トリオ、ジャーニーメン、ライムライターズ、チャド・ミッチェル・トリオ、ハイウェイメン、ルーフトップ・シンガーズ、ボブ・ディラン、フィル・オクス、トム・パクストン、エリック・アンダースン、デイヴ・ヴァン・ロンク、ジュディ・コリンズ、ピーター・ラファージ、グリーンブライアー・ボーイズ、ティム・ハーディン、フレッド・ニール、ジョーン・バエズ、バフィ・セント・メリー、トム・ラッシュ、エリック・フォン・シュミット、ジム・クエスキン・ジャグ・バンド、ジャック・エリオット、ラヴィン・スプーンフル、ジョナサン・エドワーズ、ジム・クロウチ、デヴィッド・ブロムバーグ、メラニー、ハリー・チェイピン、ロッド・マッケン、ティム・バックリー、ジーン・クラーク、ジョン・スチュワート、ハリー・ニルソン、マイク・ネスミス、ジョン・デンヴァー、ジョン・ハートフォード、ミッキー・ニューベリー、スティーヴ・ヤング、タウンズ・ヴァン・ザント、ジェシ・ウィンチェスター、クリス・クリストオファソン、ホイト・アクストン、シェル・シルヴァースタイン、ジョン・プライン、スティーヴ・グッドマン、イアン&シルヴィア、ゴードン・ライトフット、ジョニ・ミッチェルなどなど。その他にもけっこう細かいところまで分け入りつつ、1920〜70年代、半世紀に及ぶ様々な時代の様々な“吟遊詩人”たちの歴史を濃密に掘り下げている。

ソニー、ワーナー、ユニバーサルといったメジャー・レーベルはもちろん、米フォークウェイズや英エース、さらにはアーティスト本人からのライセンスまでゲットしながらの選曲に感服するばかり。ベア・ファミリーで働きたいなぁ…。




House Party Live In Germany / The J. Geils Band

年度末が近いせいか、いろいろこまごました仕事がすし詰めで。ありがたいこととはいえ、トシがトシだけに疲れちゃって…(笑)。こういうときは痛快ロックンロールを聞いてスカッとしたいところ。と、そんな気分のただ中に絶好のDVDが出た。無敵のB級ロックンロール・バンド、J.ガイルズ・バンドが1979年、ドイツで行ったライヴを収めた1本。おなじみ、ドイツの音楽番組『ロックパラスト』で放映されたものなので、ブートレッグとかYouTubeとか、これまでもいろいろなところでとりあえず見ることができた映像だけれど、やっぱりオフィシャルは鮮明でよいです。きれいです。

伝説の初日本公演のほんの少し前。ぼくもサラリーマン時代、残業ぶっちぎって全公演通い詰めた例の怒濤のコンサートとほぼ同時期のライヴだけに、実に思い出深い。J.ガイルズ・バンドについては、その昔、自分のホームページを立ち上げたころ作ったアーティクルがあって。そこに、彼らについて90年に書いた原稿へのリンクが張ってある。20年近く前に作ったホームページと25年前に書いた原稿なので、まあ、若気の至りというか、つたないというか、お恥ずかしいものではありますが(笑)。気が向いたらそちらも軽く参照していただきつつ、このDVDでJ.ガイルズ・バンドの痛快この上ないグルーヴに改めてぶっとばされていただきたいものです。

おまけでほぼ同内容のCDも付いてます。ヤマハミュージックアンドビジュアルズから出た国内盤はもちろん字幕付き! リンクはそっちに張っておきますね。

やばい。新作『ノー・ピア・プレッシャー』から「ザ・ライト・タイム」のリリック・ビデオ先行公開! リズム隊がジム・ケルトナー&ドン・ウォズ。ヴォーカル/コーラスがアル・ジャーディン、ブライアン・ウィルソン、スコッティ・ベネット。

4月が待ちきれない…!

今夜はとても淋しい気持ちです。今の時代には絶対に構築しえない、本当に素敵な文化を象徴するひとりだったと思います。レズリー・ゴア。享年68。心からご冥福をお祈りします。

c42a677d

ステイプル・シンガーズの要であり、最高のギタリストである故ローバック“ポップス”ステイプルズの遺作。亡くなる前年、1999年に録音した未完の音源の発掘リリースだ。

未完だけに、ポップス・ステイプルズの他界直前、その音源を託された娘のメイヴィス・ステイプルズもどういう形でリリースすればいいか、あれこれ悩んでいたのだとか。そんな中で現れたのが、2010年と2013年に彼女のアルバム・プロデュースを手がけて素晴らしい成果を上げたウィルコのジェフ・トウィーディ。ジェフの手腕を信頼したメイヴィスは、彼のもとにこのテープを持ち込み、ついに完成へと導いた。

ジェフがベース、息子のスペンサーがドラム、そしてメイヴィスが新たに歌声をオーヴァーダビング。といってもよけいなダビングはいっさい排されている感じの的確な仕上がりだ。あくまでも主役はポップス・ステイプルズ。ポップスの歌声ももちろんいいけど、なでるように弾いているのに深くファンキーな味わいがにじみ出すギターがたまらない。

メイキングのショート・ビデオがあって。そこでもちらっと聞くことができる「スウィート・ホーム」って曲はポップスの歌とギター、メイヴィスのコーラスだけで展開する。これが特にかっこよくて、やばいです。しびれます。

What’s New?

CRT & レココレ Present
Vol.196

秋だ! ELOだ! ボジョレーだ!〜ジェフ・リン解禁!

ブライアン・アダムス7年ぶりの新作をプロデュースしたかと思ったら、なんと15年ぶりに全曲新曲によるELOの新作まで登場! 秋の深まりとともに一気にジェフ・リンの動きが活発に。山が動いたとなれば、CRTも黙っちゃいられません。3年ぶりのジェフ・リンまつりを大開催! アイドル・レースからムーヴ、ELO、ウィルベリーズまで総まくりでお届けします。今年のジェフ・リンの味わいは豊潤で爽やか。飲んで、食べて、爆音・爆画面でマジカルなジェフ・リン・ワールドを堪能しましょう。解禁間もないボジョレーヌーボー、ご用意してお待ちしております。

2015年11月23日(祝) at 東京・新宿ネイキッドロフト
OPEN 17:30 START 18:30
※通常よりも1時間早いスタートです。ご注意ください。
出演: 萩原健太(音楽評論家)、祢屋康(レコード・コレクターズ編集部)、能地祐子(音楽評論家)
料金: 1600円(+1drinkから)
※ご予約・お問い合わせはネイキッドロフト店頭電話 & webにて。
【電話】03-3205-1556 (16:30〜24:00)
【web】 http://www.loft-prj.co.jp/naked/reservation/
※ご入場は当日の先着順になります。

★最新情報はCRTのtwitterfacebookで!



Nothing But Pop!
Disc Store

Kenta's...Nothing But Pop! で紹介したCDを一覧できるインスタントストアはこちら



Nothing But Pop!
on Live 365

Live365でネットラジオ試験運用中です。50年代後半〜60年代前半からセレクトした480曲以上のガール・グループ、ドゥーワップ、ティーン・アイドル、ダンスR&Bプログラムです。(2005.10.9更新)
listen!

Support this station and listen ad-free with Live365 Preferred Membership!

Daddy & The Surfbeats
萩原健太が在籍するサーフ・ロックンロール・バンド、ダディ&ザ・サーフビーツの最新ライヴ情報です。
(未定。決まり次第、お知らせします)
Kenta's Programs
萩原健太が出演/選曲する番組のご案内です。

萩原健太のMusic SMiLE(JRN系列各局 月〜金)
くにまるジャパン(文化放送)(*毎週水曜日の正午過ぎから始まる『洋楽ジャパンX』のコーナーに月一度のペースで出演しています)
2005年3月までぼくが月曜日のDJを担当していたミュージック・プラザ第2部ポップス/オールディーズ(NHK-FM)の超常連リスナー、滋賀県の野出康博くんによる番組の私設応援サイト "Radio Sweetheart" はこちらです。スタート以来、終了までの番組の歴史を、ぼく本人も忘れてしまっているようなところまできっちり記録してくれています。野出くん、ありがとう。



kenta45rpm@twitter

  • RT @CRT_info: この200何十回、台風直撃とか大雪の予報はほとんどギリギリセーフで外れてる気がするCRT。今回も、暴風雨が過ぎて気持ちいい陽気での開催になりそうです。世の中色々ありますが、こんな時こそSMiLE!多数のご来場お待ちしてます。当日券の有無はお店までお気… 1 hour ago
  • RT @CRT_info: 追伸。本日は萩原健太の新刊SMiLE本の即売がございますが、すでにお買い求めの方もよろしければサインさせていただきますので忘れず本をお持ちくださいね!よろしくお願いします。(GM) 1 hour ago
  • なのでラクーアまで歩いてきてみた。スタバでも行って一休みしよ。 instagram.com/p/BalGxwAjz5G/ 5 hours ago
  • うほほーい! 久々の散歩日和! instagram.com/p/BalFxvCDa9k/ 5 hours ago
  • RT @nothingbutpop: Brian Wilson / Rainbow Eyes (2004) youtu.be/AvmfZr0ZqHU Follow Kenta's @NothingButPop on twitter! 10 hours ago

Archive

旧版ブログはこちら、旧版ホームページは こちら からそれぞれ参照できます。

This Site

Kenta's
Nothing But Pop!

©Kenta Hagiwara