Get Up! / Bryan Adams

月も変わり、11月。単行本の執筆があったり、ラジオの特番があったり、いろいろごたごたしていたもんでブログをまたまた放置してしまいましたが。

11月も本来の原稿執筆以外に、あれこれイベントやら番組やらに出させていただくわけですが。中でも楽しみなのが、上越市にある築100年を超える日本最古の映画館、高田世界館で催される出前DJ。詳細はこちらのページで。近隣の方、お時間ありましたら応援にきてやってください。

去年は、そこでピーター・バラカンさんとピンポンDJをやらせていただきました。なんとも雰囲気のある会場で。いつものようにハードディスクを持ち込んで、かける曲はすべてその場で選ばせてもらったのだけれど。最後、映画館ということもあり、ニール・セダカが古き良きピンアップ・ガール/女優のベティ・グレイブルのことを歌った曲が急に聞きたくなって、爆音でかけさせてもらいました。ピアノ一本をバックに歌い綴るニール・セダカの歌声がなんとも切なく。会場の佇まいとあいまってなんだか泣けてきたことを覚えてます。

今回はノージと夫婦でうかがう「夫婦出前DJ」です。ノージと行くということは、いつも新宿ネイキッド・ロフトで定期的にやっているCRTの出張版という感じ。で、CRTといえば、最大の目玉企画が“ナイアガラまつり”。なわけで、今回の高田世界館は去年の大阪に続いて、出張版ナイアガラまつり第2弾! ということでお届けしようと思っています。

正規音源、レア音源取り混ぜつつ、大滝詠一という素晴らしいアーティストが残した音楽を大音響で楽しみましょう。今回も気は心…ってことで、ハイレゾにアップコンバートしてお届けする予定です。せっかく映画館ということもあるので、大の映画ファンだった大滝さんが好きだった映画音楽とかも聞けたらいいなと思ってますが、すべては当日の気分しだい。みんなでごきげんな午後のひとときにしましょう。

メールで予約して、当日、前売料金で入場できるシステムもあるみたいなので、ガッツある他県の方とか、いらっしゃいましたら、ぜひ。今さらですが、上越妙高って、北陸新幹線で東京から2時間弱なんですね。リンク先の告知ページのチラシ画像をじーっと見ると、左下のほうに問い合わせ先とかメールアドレスなど予約に関する情報が載ってますから、チェックしてみてください。

あと、CRTといえばジャンケン大会なわけですが(笑)。やりますよ。ナイアガラ・エンタープライズさんから素敵なプレゼントもいただきました。ぜひ会場にいらっしゃって、ジャンケン、勝ち抜いてください。

で、告知だけで何のCDも紹介しないのもナンですから(笑)。すでに出てしばらく経っちゃった盤だけど、ブライアン・アダムスの新作、ピックアップしておきます。昨年カバー集を出して復活を印象づけたアダムスさんだけど。全編新曲の新作となると、これが7年ぶり。絶品のしゃがれ声は健在だし、おなじみジム・ヴァランスとのソングライティングも快調だし、何よりもプロデュースをELOのジェフ・リンに任せたことが大正解。これまで以上に60年代色を強調しつつ、痛快に、簡潔に、キャッチーに、そしてここぞというところでぐっと切なくキメている。いかしてます。

オフィシャル動画のある収録曲も多いのだけれど、アルバムの中でぼくがいちばんハマった曲のオフィシャルオーディオにリンク貼っておきます。