Get Up! / Bryan Adams

月も変わり、11月。単行本の執筆があったり、ラジオの特番があったり、いろいろごたごたしていたもんでブログをまたまた放置してしまいましたが。

11月も本来の原稿執筆以外に、あれこれイベントやら番組やらに出させていただくわけですが。中でも楽しみなのが、上越市にある築100年を超える日本最古の映画館、高田世界館で催される出前DJ。詳細はこちらのページで。近隣の方、お時間ありましたら応援にきてやってください。

去年は、そこでピーター・バラカンさんとピンポンDJをやらせていただきました。なんとも雰囲気のある会場で。いつものようにハードディスクを持ち込んで、かける曲はすべてその場で選ばせてもらったのだけれど。最後、映画館ということもあり、ニール・セダカが古き良きピンアップ・ガール/女優のベティ・グレイブルのことを歌った曲が急に聞きたくなって、爆音でかけさせてもらいました。ピアノ一本をバックに歌い綴るニール・セダカの歌声がなんとも切なく。会場の佇まいとあいまってなんだか泣けてきたことを覚えてます。

今回はノージと夫婦でうかがう「夫婦出前DJ」です。ノージと行くということは、いつも新宿ネイキッド・ロフトで定期的にやっているCRTの出張版という感じ。で、CRTといえば、最大の目玉企画が“ナイアガラまつり”。なわけで、今回の高田世界館は去年の大阪に続いて、出張版ナイアガラまつり第2弾! ということでお届けしようと思っています。

正規音源、レア音源取り混ぜつつ、大滝詠一という素晴らしいアーティストが残した音楽を大音響で楽しみましょう。今回も気は心…ってことで、ハイレゾにアップコンバートしてお届けする予定です。せっかく映画館ということもあるので、大の映画ファンだった大滝さんが好きだった映画音楽とかも聞けたらいいなと思ってますが、すべては当日の気分しだい。みんなでごきげんな午後のひとときにしましょう。

メールで予約して、当日、前売料金で入場できるシステムもあるみたいなので、ガッツある他県の方とか、いらっしゃいましたら、ぜひ。今さらですが、上越妙高って、北陸新幹線で東京から2時間弱なんですね。リンク先の告知ページのチラシ画像をじーっと見ると、左下のほうに問い合わせ先とかメールアドレスなど予約に関する情報が載ってますから、チェックしてみてください。

あと、CRTといえばジャンケン大会なわけですが(笑)。やりますよ。ナイアガラ・エンタープライズさんから素敵なプレゼントもいただきました。ぜひ会場にいらっしゃって、ジャンケン、勝ち抜いてください。

で、告知だけで何のCDも紹介しないのもナンですから(笑)。すでに出てしばらく経っちゃった盤だけど、ブライアン・アダムスの新作、ピックアップしておきます。昨年カバー集を出して復活を印象づけたアダムスさんだけど。全編新曲の新作となると、これが7年ぶり。絶品のしゃがれ声は健在だし、おなじみジム・ヴァランスとのソングライティングも快調だし、何よりもプロデュースをELOのジェフ・リンに任せたことが大正解。これまで以上に60年代色を強調しつつ、痛快に、簡潔に、キャッチーに、そしてここぞというところでぐっと切なくキメている。いかしてます。

オフィシャル動画のある収録曲も多いのだけれど、アルバムの中でぼくがいちばんハマった曲のオフィシャルオーディオにリンク貼っておきます。

Delilah / Anderson East

アラバマ州アセンズ出身のブルー・アイド・ソウル・シンガー。現在はナッシュヴィル本拠らしいけど、アラバマ州マッスル・ショールズへと出戻って名門フェイム・スタジオで録音されたデビュー盤。なっかなかいい声でソウルフルなパフォーマンスを聞かせてくれます。

スタージル・シンプソン、ジェイソン・イズベルらを手がけてきたデイヴ・コブのプロデュース。曲によってジャッキー・ウィルソンのようだったり、オーティス・クレイのようだったり、ヴァン・モリソンのようだったり、ジョー・サウスのようだったり、ザ・バンドのようだったり…。

ジョージ・ジャクソンのカヴァーが1曲。あとは本人の自作曲。ソングライターとしてもなかなかイケてます。

A Boy Named Charlie Brown / Rod McKuen

未CD化のアナログ盤を持ってきて下さい…というような企画があるとき、ぼくがよく持っていく盤というのがいくつかあって。そのうちのひとつが、ついにCD化された。詩人としてもおなじみ、ロッド・マッケン(ピーター・バラカンさんに聞いたら、マキューエンとか発音するのが正しいそうですが。それじゃ誰だかわからないので、マッケンで)の『A Boy Named Charlie Brown』。1969年の同名アニメ映画用に彼が書いた曲を集めたもので。オリジナル・サウンドトラック盤という位置づけではないようなのだけれど。

この映画、日本では『スヌーピーとチャーリー』というタイトルで、70年代に入ってしばらくしてから公開になったピーナッツ映画の第一弾。日本で公開された当時、見に行ったら、映画もよかったけど、何よりもロッド・マッケンが歌詞を提供して自ら歌った主題歌「チャーリー・ブラウンという名の少年」がものすごくよくて。高校生のころ、ソッコーでシングルを買って毎日ずっと、繰り返し繰り返し聞いていたものです。

小さな子供にしかできない魔法なのかもしれない/でも、チャーリーが微笑むのを見ていると/ちょっとだけ立ち止まって/自分が自分らしくいられてよかったと思えるはずさ/世の中にはたくさんの人がいるけれど/みんな最初は小さかったんだ/ぼくたちはみんなチャーリー・ブラウンという名の少年なんだ…

というような、まあ、こんな感じの歌詞で。なんか聞いているこっちがトシを取れば取るほど響く歌だったりして。何度、聞きながら心で泣いたことか(笑)。

チャーリー・ブラウンもののサウンドトラック・アルバムというと、TVスペシャル用に作られたヴィンス・ガラルディのピアノ・ジャズものがおなじみだけれど。こっちのほうが断然良いですよ。シングルばかり聞いているうちに物足りなくなって、やがてこのアルバムも手に入れてみたら、演奏ものと歌ものと半々。しかも、「チャーリー・ブラウンという名の少年」はなんと別アレンジの別テイク。これもこれですごく良くて。へこんだときとか、なんとなくぼんやり聞くアルバムとして、もう40年以上愛用させていただいてます。静かな愛聴盤って感じ。

その初CD化。もう未CD化のアナログ盤特集とかに持って行けなくなっちゃったけど。OK。やっぱりうれしい。アップル・ミュージックにも入ってました。いぇい!

Before This World / James Taylor (Concord)

シンガー・ソングライターというと素朴に、ナイーヴに、非商業的に、私的な体験をナチュラルなアコースティック・ギターに乗せて歌う、みたいなイメージがあるけど。当然ながら、それが聞き手という他者との関係の中で一定以上の力を持つためには、底辺にプロの表現としての完成度を備えていなければならないわけで。

だから空前のシンガー・ソングライター・ブームが巻き起こった70年代初頭、次々とシーンに登場してきたシンガー・ソングライター群はあっという間に淘汰された。私的告白もすぐに種が尽き、多くが袋小路へと迷いこんだ。生き残れたのは、プロとしての豊かな表現力と音楽性を有する一握りの者たちだけ。ジョニ・ミッチェル、ポール・サイモン、ニール・ヤング、ジャクソン・ブラウン、キャロル・キング…。

そしてこの人、われらがJT、ジェームス・テイラーだ。紡ぎ上げた歌詞を愛でるように歌い綴りながら、語り手の私的な物語を聞き手それぞれの物語へと生まれ変わらせてしまうストーリーテラーとしての力量も、洗練されたテンション・コードも軽々弾きこなしつつ、生ギター1本でジャズの洗練や、ラテンの躍動や、クラシックの荘厳さや、R&Bのファンキーさまで表現してしまう演奏技術もずば抜けている。ソングライターとしてだけでなく、ミュージシャンとして、あるいはシンガー、ストーリーテラーとしての力が並じゃない、と。だからこそブームが過ぎ去ったあとも、JTは現在までえんえん根強く支持され続けてきたわけだけれど。

新作、出ました。このところ、カヴァー集とかクリスマスものとかライヴとかばっかりで、書き下ろし中心のアルバムとしては02年の『オクトーバー・ロード』以来13年ぶり。とはいえ、卓抜した生ギター演奏を中心に据えた繊細な音像のもと、独特の穏やかな歌声で、どこか屈折した私的物語を淡々とつづる姿勢は往年と何ひとつ変わらない。ただ、どの曲にも67歳を迎えた者ならではの年輪が加わり、より豊かな表現を楽しめるのがポイントだなぁ。

73年の初来日のとき、どうやってギターを弾いているのかわからない部分を解明したくって、6本線を引いたスケッチブックと双眼鏡を抱えて、連日、コンサートに通いつめた高校生時代の気分を鮮烈に思い出させてくれると同時に、還暦も目前の今の自分の心持ちみたいなものにもリアルに響く1枚。たまらないです。うれしくて、アナログ盤も、ハイレゾも、全部買っちゃいました。ああ…。

Coming Home / Leon Bridges

まあ、レトロ・ソウル系ってことになるのかな。音楽誌やら新聞やら、イギリスを中心に各所でやけに話題を集めているテキサス出身、25歳の新人シンガー。デビュー・アルバムが出た。フラゲしました。曲調、音像、楽器、録音方法、見た目、動き、すべてかなり戦略的に往年のソウル路線を再現しようと目論んでいるようで。面白いっちゃ面白い。

ただ、けっこう詰めは甘いというか。コアな60年代ソウル・マニアとかからすると、バカにすんなよ…という声が上がるかも。歌声も細いし。ピッチも甘いし。この人自体がどのくらいの才能と柔軟さを持っているのかに関しては微妙。未知数だ。オースティンのサイケ/ガレージ系ロック・バンド、ホワイト・デニムのメンバーが絡んでいるらしきサウンド作りも、あまり細部にまではこだわらない、ゆるめの仕上がり。

ただ、これでこの人がバッキバキにシャウト・ヴォーカルを繰り出す歌唱力自慢タイプだったら逆に世界観がウソっぽくなりそうなのも事実。全編、声を張らずに軽く歌っていることで、どこかシンガー・ソングライターのアルバムっぽいリアルな感触も生まれていて。これはこれで“あり”なのかも。“レトロ・ソウルの真打ち登場”みたいな売り文句には納得いかないけど、とりあえず四の五の言わず、注目の個性として戦略に乗っかってしばらく楽しんでみます。買っちゃったし(笑)。

Matilda Effect / The Corner Laughers

サンフランシスコのインディー系サンシャイン・ポップ・バンド、コーナー・ラファーズの、んー、何作目だ? よくわからないけど、バンドキャンプでこの人たちのこと見つけてから、ぼくにとってはこれが3作目。

今回も古き良きカリフォルニア・ポップ精神を今様のグルーヴのもとで受け継ぐシャイニーな新曲ぞろい。イギリス、ドイツ、スカンジナビアなどに思いを馳せたりもしているけれど、持ち味はこれまで通り。往年のハーモニー・ポップ、フォーク・ロック、ポップ・ソウルなどの要素を絶妙にブレンドしつつ、ウクレレとかを交えてキュートにキメた仕上がりです。

ぼくもダウンロードで買ったので、リンクもダウンロードに貼っときます。

The Rules of Attraction / Tim Rogers & The Bamboos

オルタナ系バンド、ユー・アム・アイのティム・ロジャースと、ファンク系のザ・バンブーズ。オーストラリアの人気者どうしがコラボした1枚。3年前くらいからシングル作ったりツアーしたり、あれこれ活動をともにしていたようだけれど、ようやくフル・アルバムの完成にこぎつけた。

プロデュースはバンブーズのランス・ファーガソン。ロジャースとの相性は思いのほかいいみたいで、2組それぞれ、自分たちだけではやりそうもないパターンにも楽しそうに挑んでいる様子が楽しい。若干詰めの甘さが見え隠れするところも含めて、それなりに好感が持てる仕上がりです。

アマゾンJPだとフィジカルCDがやけに高くて、しかも在庫切れになっているので、ご興味ある方のためにデジタルダウンロードのほうにリンク貼っておきます。

milkcartonkids

ノージからその存在を教えてもらって以来、もうギターはうまいし、いい曲書くし、歌詞も内省的で深いし、ハーモニーもごきげんだし、知的でとぼけたMCも面白いし、問答無用でハマってしまったミルク・カートン・キッズ。これがたぶん4作目の新作アルバムです。

ロサンゼルス北東部にあるイーグル・ロック出身のシンガー/ソングライター/ギタリストふたり、ケネス・パッテンゲールとジョーイ・ライアン。それぞれソロで活動してきたものの、なかなか芽が出ず、2011年からは組んで活動中だ。でも、組んだのは大正解。サイモン&ガーファンクルなど、往年のフォーク・デュオをほうふつさせる瑞々しい音楽性にしびれます。

今回もこれまで同様、ふたり以外、誰もいない一発録りアルバム。悪かろうはずもなく…。

What Matters Most / Sun Soul Orchestra

ロサンゼルスを拠点にセッション・ミュージシャン/ツアー・ミュージシャンとして忙しく活動するスティーヴォさん(ドラム&キーボード、ニューオーリンズ生まれ)とジンジャーさん(チェロ、シカゴ出身)によるスタジオ・プロジェクト。

オリジナル曲はもちろん、メリー・ジェーン・ガールズ、ローリング・ストーンズ、ボブ・マーリー、コモドアーズ、シルヴィアといったひねりの効いたカヴァー曲も交えつつ、40人近い西海岸系腕利きセッション・ミュージシャン/セッション・シンガー仲間の全面協力を得て、クラシック、ジャズ、ソウル、ブルース、ヒップホップ、ロック、ボサノヴァなど様々な音楽要素を交錯させながら編み上げた、なんとも魅力的な音世界。

スティーヴォとジンジャー、二人で仕事のあとにご飯したりしながらあれこれ話し合った夢を実現したものらしいけれど、アルバムへと結実するまでに5年くらいかかっているんだとか。まあ、趣味性の高い1枚ではあるけれど、時折こういうアルバムに出くわしたときのほのかな喜びは格別です。

Edge of the Sun / Calexico (Anti-)

アメリ/メキシカーノの雄、キャレキシコ、3年弱のブランクを置いての新作です。ずいぶんと外向きに突き抜けた仕上がりになっていて、最初ちょっと面食らったのだけれど。

内省的な曲作りのテイストは変わらず。以前のような、音像も含めてとことん内向きな楽曲ももちろんいくつか聞くことができる。ただ、曲によってジェイホークスみたいだったり、初期REMみたいだったり、ザ・バンドみたいだったり、おい、へたするとこれ、クラウデッド・ハウスだぞ的な直球のバラードがあったり…。ニーコ・ケイスをはじめ、適材適所って感じで招かれたゲストの力もいい按配で借りつつ、大きく門戸を開いた感触を演出しているみたい。

レコーディングは本拠地アリゾナとメキシコで。前述したようなポップな手触りの楽曲もかなりいいのだけれど、バルセロナの歌姫アンパロ・サンチェスを迎えて録音された「クンビア・デ・ドンデ」「マイルズ・フロム・ザ・シー」「ビニース・ザ・シティ・オヴ・ドリームズ」という中盤3曲の、なんともやさぐれ気味な異国情緒が個人的にはたまりません。

トワンギー・ギターとマリアッチ・トランペットとシンセがオルタナな空気感の中、妖しく絡み合いながら舞う。こりゃ、ごきげんです。ぼくは輸入盤で手に入れたけれど、国内盤は6曲もボーナス追加されてるのね…(涙)。てことで、リンクは国内盤のほうに貼っておきます。

What’s New?

CRT & レココレ Present
Vol.196

秋だ! ELOだ! ボジョレーだ!〜ジェフ・リン解禁!

ブライアン・アダムス7年ぶりの新作をプロデュースしたかと思ったら、なんと15年ぶりに全曲新曲によるELOの新作まで登場! 秋の深まりとともに一気にジェフ・リンの動きが活発に。山が動いたとなれば、CRTも黙っちゃいられません。3年ぶりのジェフ・リンまつりを大開催! アイドル・レースからムーヴ、ELO、ウィルベリーズまで総まくりでお届けします。今年のジェフ・リンの味わいは豊潤で爽やか。飲んで、食べて、爆音・爆画面でマジカルなジェフ・リン・ワールドを堪能しましょう。解禁間もないボジョレーヌーボー、ご用意してお待ちしております。

2015年11月23日(祝) at 東京・新宿ネイキッドロフト
OPEN 17:30 START 18:30
※通常よりも1時間早いスタートです。ご注意ください。
出演: 萩原健太(音楽評論家)、祢屋康(レコード・コレクターズ編集部)、能地祐子(音楽評論家)
料金: 1600円(+1drinkから)
※ご予約・お問い合わせはネイキッドロフト店頭電話 & webにて。
【電話】03-3205-1556 (16:30〜24:00)
【web】 http://www.loft-prj.co.jp/naked/reservation/
※ご入場は当日の先着順になります。

★最新情報はCRTのtwitterfacebookで!



Nothing But Pop!
Disc Store

Kenta's...Nothing But Pop! で紹介したCDを一覧できるインスタントストアはこちら



Nothing But Pop!
on Live 365

Live365でネットラジオ試験運用中です。50年代後半〜60年代前半からセレクトした480曲以上のガール・グループ、ドゥーワップ、ティーン・アイドル、ダンスR&Bプログラムです。(2005.10.9更新)
listen!

Support this station and listen ad-free with Live365 Preferred Membership!

Daddy & The Surfbeats
萩原健太が在籍するサーフ・ロックンロール・バンド、ダディ&ザ・サーフビーツの最新ライヴ情報です。
(未定。決まり次第、お知らせします)
Kenta's Programs
萩原健太が出演/選曲する番組のご案内です。

萩原健太のMusic SMiLE(JRN系列各局 月〜金)
くにまるジャパン(文化放送)(*毎週水曜日の正午過ぎから始まる『洋楽ジャパンX』のコーナーに月一度のペースで出演しています)
2005年3月までぼくが月曜日のDJを担当していたミュージック・プラザ第2部ポップス/オールディーズ(NHK-FM)の超常連リスナー、滋賀県の野出康博くんによる番組の私設応援サイト "Radio Sweetheart" はこちらです。スタート以来、終了までの番組の歴史を、ぼく本人も忘れてしまっているようなところまできっちり記録してくれています。野出くん、ありがとう。



kenta45rpm@twitter

エラー: Twitter からの反応がありません。数分待ってページを再読み込みしてください。

Archive

旧版ブログはこちら、旧版ホームページは こちら からそれぞれ参照できます。

This Site

Kenta's
Nothing But Pop!

©Kenta Hagiwara